看護師の講師の将来性は?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師の講師の将来性は?

看護師の講師の将来性は?

看護師資格を持っていると、いまは様々な医療の仕事に応用できる他、講習を受けて看護師の講師になる事も出来ます。臨床で働いているよりも、これから看護師になりたいと思っている人のために働きたい、また教える、指導することが好きという人は、看護師講師の進路も考えてみましょう。完全に講師としてやっていきたいのなら、看護大学を卒業して、その上で教育関係の単位を4単位以上、できれば修士号、教員免許まで取っていると完璧です。もちろん正看護師の資格を取得し、臨床経験が5年あれば、どんな看護師養成機関でも講師として働くことはできることでしょう。

いまの現状としては、全体的に医療スタッフの不足が叫ばれています。ただし、看護師は常に一定の需要があり、職業として景気の善し悪しに左右されないところがあります。その点、安定した仕事として認識されていますし、これから男性看護師が増えたり、外国人看護師の受け入れが検討されているところをみると、看護師講師、教員としての需要は継続的にあるし、どんどん増えて、将来性もあるのではないかと考えます。

看護師講師を必要としているのも、看護大学、短大、専門学校だけではなく、看護師資格を取得するための資格予備校や看護大学受験のための予備校などでも需要があります。大学で専門的に学んだ人だけではなく、学生の実習で付き添いをしたり、臨地実習の指導をする、実習のための看護職員も必要です。正看護師だけではなく、准看護師でも、教える内容は違いますが、それぞれ必要としている学校はある筈です。

看護師講師の働き方も、正職員だけではなく、非常勤職員、パート、アルバイトなども増えているので、自分のライフスタイルに合わせて仕事を選べるところ、また講師の仕事も経験者であるのなら、より採用プロセスがスムーズですし、その上、即戦力としてすぐに活躍が期待できるため、採用側も経験者重視なのは当然のことです。

ある程度看護師講師の経験がある人、すでに看護師講師としての条件を兼ね備え、また教える事、後輩や新人の看護師を指導する事に慣れている人なら、適性があると思います。将来性も含めて考えてみるといいでしょう。

その上、臨床現場での仕事は体力的に限界があるので、一生仕事を続けたくても、体がついていかないことがあります。その場合、看護教員や講師になることで、その広い知識や経験を活かしてずっと働き続けることができるのです。その点で、長く働きつづけたい人にもおすすめなのが看護師講師です。

このように将来性もある仕事なので、臨床看護師以外の進路を考えるのなら、ぜひ看護師講師も選択肢のうちに入れてみるといいでしょう。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.