看護師の講師で予備校の求人は?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師の講師で予備校の求人は?

看護師の講師で予備校の求人は?

看護師は国家資格ですので、決して簡単な試験ではありませんし、もし取得すれば、一生看護師としての仕事はできるので、生活の安定や失業のリスクが少なくなります。そのため、看護師免許の資格を取得するには、学校に行って一生懸命勉強する、実習するだけではなく、資格試験用の勉強が必要になることもあるでしょう。

そんなときに看護学生が通うのが、看護や医療系の受験予備校です。看護、医療系予備校では、看護師の資格をもっている講師を募集していることが多いです。応募要項としては、看護学部を卒業していたり、その上教育関係の単位を4単位以上取得している場合でもいいです。

看護大学受験を控える学生の予備校としては、それぞれの試験学科のプロフェッショナルである講師、場合によっては、一流大学を卒業している講師のほうが、学生にとっては信憑性があるので、そうした講師を集めている予備校も多い筈です。大学受験予備校、資格試験予備校では、必要とされている講師が違います。看護師資格取得予備校では、状況によっては看護師免許と、講師の経験、合格させた実績さえあれば就業可能な場合があります。それぞれの予備校によって、必要とする講師の資格は違いますので、最初によく条件を確認しておきましょう。

こうした予備校は、看護師試験に合格させることが大前提ですので、生徒にとってわかりやすい講師になることが大事です。教えることが好き、そして教えることが得意な人が向いています。看護師免許を持っていればいいですが、別に持っていなくても、専門教科を持っていて、教えられる人であれば大丈夫です。予備校のほうで受験のノウハウもあるし、テキストもあるので、比較的経歴にはこだわらない場合が多いのではないでしょうか。

看護師資格を受験する場合、生徒さんによっては色々な問題が考えられます。予備校に通う理由として最も多いものとしては、苦手科目があるということです。受験科目は、人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、社会保障制度と生活者の健康、基礎看護学、在宅看護論、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学などがあり、かなり広い知識、そして集中的な勉強が大事となります。 看護大学に入学するための予備校もあり、その場合、英語、数学、国語、生物、化学、小論文があるので、大学受験のために継続的に予備校に通ったり、集中的に勉強したいとこところだけ、学ぶということもできます。夏期講習や模試などを予備校で受けて、試験対策をすることも可能です。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.