看護師の講師はどんな資格が必要?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師の講師はどんな資格が必要?

看護師の講師はどんな資格が必要?

看護師講師になるには、大学で教える場合は、教員の資格を持ち、なおかつ学士号、修士号を持っている事が望ましいといいます。もしくは看護師資格と、教育に関する4単位以上の取得が必要です。看護師資格も正看護師資格のほうが効力があります。

専門学校での講師の場合は、准看護師でも大丈夫な場合もありますが、臨地実習が中心となります。准看護師から正看護師へのステップアップを考える学生も多いことから、講師であっても正看護師の資格を持っていたほうが、幅広い仕事が見つかるに違いありません。ですから看護師講師を目指している人は、大学を卒業して、教員の資格を持っているか、正看護師の資格を持っていることが望ましいです。

その他、看護師講師関連の講習として、厚生労働省看護研修研究センターの看護教員養成課程、もしくは厚生労働省が認定した看護教員養成講習会、国立保健医療科学院の専攻課程、及び専門課程地域保健福祉分野の研修、臨地実習指導者講習会などがあります。それによって、講師としての資格を補い、また講師としての活躍の幅が広がる場合もあるので、調べてみましょう。

看護師講師は、おおまかにいえば、看護師の資格を取り、大学を卒業し、その後、病院などに就職して、看護師としての実務経験を5年以上積む必要があります。その後、看護教員養成講習等受講してから、看護師講師としての仕事を探すことになります。大学の教員は、教職課程を取っている、修士号を持っていることが必須条件になることもありますし、専門学校なら、臨地実習指導教員として、大卒ではなくても臨床経験が3年から5年あれば、採用になることがほとんどでしょう。専門学校では人員が不足しているので、採用のチャンスは多くありますし、求人も絶対数が多い傾向があります。

看護師講師になりたくても、大概の場合、臨床経験が必要なことが多く、それは実習などで、生徒に対して現場での経験を元にして教える必要があるからだと思いますが、それ以外に、看護大学への受験予備校や、大学での専門科の講師などでは、必ずしも看護師資格を必要としない分野もあると思います。ですから、自分がどのような看護講師になりたいのかで必要資格は違う事を知っておいてください。

看護講師は、看護師からの転職組が多いですし、看護師専用の転職サイトなどに求人情報が掲載されていることが多いです。だからこそ、常にそういった求人情報をチェックして、募集要項などをみておくと、自分が就業可能な学校が分かると思います。いまは仕事をしながら、准看護師から正看護師の資格を取得したり、一度社会人になってから看護師資格を取得しようと考え、学校に戻ってくる人も多くなっています。そんな後輩達の為に、専門の知識や、臨床経験を踏まえた実習で教鞭を取り、指導、貢献するというのはとても大切な仕事ではないかと思います。

資格だけにこだわらず、講師を募集しているケースもあり、その場合は、臨床経験や国際的な経験が重視されることもありますので、採用は交渉次第の部分もあります。まずは色々な募集要項をみて、どのような人材が求められているのか、湛然に調べてみることが重要でしょう。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.