看護師の講師の募集先は?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師の講師の募集先は?

看護師の講師の募集先は?

看護師講師の募集先は、専門学校、短大、また大学、予備校等になります。各教育機関で、募集要項は違いますし、働き方のスタイルもまちまちです。正規社員から、非常勤、パート、アルバイトまで色々です。

看護師講師になるには最低限看護師免許を持っていること、また看護師としての臨床経験が3年から5年くらい必要です。大学での講師になると、よりその教育レベルが高くなり、大学院修了や教員免許必須という条件が加えられることがあります。ただし、看護師講師の案件としては、圧倒的に専門学校などの場合が多いので、諦めずに仕事を探したり、講師をしながら、学校に通い直すなどして、学歴や資格要件を満たしていくという方法もあります。

最初の段階としては、まずは看護師講師の募集をしている学校を探すことです。ナースセンターや、看護師のための転職サイトなどを閲覧したりして、それぞれの求人案件の応募要件を確認しましょう。求人サイトなどを利用するのは無料ですし、いつでもどこでも求人案件をチェックできますので、こまめに検索をかけてみましょう。

看護教員の募集は、専任教員の場合は、看護師免許、そして臨床経験5年ほど、それから大学においての教育科目を4科目以上履修し、卒業し学士、できれば修士を持っていること、もしくは厚生労働省が認定した、看護教員養成講習会履修を修了していることです。学校での授業や臨地実習指導、学生指導全般など、仕事の内容が広範囲になります。また、看護師だけではなく、保険師の専任講師になる道もあります。もちろんこの場合は、保険師資格が必須となります。

それに反して、臨地実習指導教員の場合には、実習メインの仕事になりますので、(基礎看護学実習等)その点、看護師免許と、臨床経験5年ほど、そして臨地実習指導者講習会を受講していればより良いという条件で仕事を見つけることができます。

実習経験、または教員経験があったりすれば、その経験が考慮されますし、その他それぞれの教育機関での募集要項を良く読んで、自分にフィットした仕事を探してみましょう。

看護師不足が叫ばれるなか、医療関係に興味を持つ学生も増えています。またすでに、臨床現場に出ていても、准看護師から、正看護師になりたいと目標をもって学校に戻ったりする人もいます。また、看護師から保険師を目指す人もいます。そうした人のために、講師や実習指導教員などの存在は必要です。やる気がある人、臨床の仕事に限界を感じる人は、看護師講師の仕事を考えてみてもいいかもしれませんね。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.