看護師の講師のやりがいは?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師の講師のやりがいは?

看護師の講師のやりがいは?

看護師講師のやりがいは、臨床現場とはまた違った教える喜びがある点です。若い生徒さんばかりではなく、すでに社会人経験がある人や、様々なバックグラウンドがある人が、看護師資格を取得するために集まってくるのが、看護大学や短大、専門学校です。すでに十分な知識や臨床経験がある先輩だからこそ、そうした後輩に対して、教えてあげられることは沢山ある筈です。

むしろ、臨床現場で医療に携わるよりも、教員や講師としての適性のある人もいるでしょう。もちろん看護師という資格は、どんな時代でも必要とされている資格、職業であるため、看護師を育成する教育機関や教育者も必要なのは当然の話です。その一翼を担う立場になるのも、一つの進路であるような気がします。

看護師も、いまはCRO(新薬開発業務支援機関)でのCRA(臨床開発モニター)や、SMO(治験業務支援企業)でのCRC(治験コーディネーター)の仕事などもあります。そのほかに、看護師講師の選択肢もあるので、看護師資格を活かせる分野は多いことが分かります。学術的な部分で看護師育成や医療全般に貢献もできるので、臨床現場でつまずいたりしても、看護師資格を活かして転職はできます。

また、当直や夜勤が辛い場合、家庭の事情や年齢的なことで、臨床現場で働くことが出来ない場合も、講師への転職を考えるよいチャンスかもしれません。講師になれば、その教育機関にも依るのですが、土日祝祭日がお休みなことが多いでしょうし、自分の裁量で仕事を入れることができたり、正職員、正社員以外に、非常勤やアルバイト、パートなどの働き方もあるので、専門資格を持って社会で活躍し続ける事も可能です。

看護師資格を活かすことができるのは、臨床の現場だけではないことを知りましょう。また教えることに情熱を持てること、新人研修を担当したことがあったり、OJTなどを経験したことがあって、教えることに喜びを感じたことがある、分かりやすいと言われたことがある場合にも、看護師講師は適職かもしれません。

色々な生徒さんとのやりとりで刺激を受けたり、その上で自分の仕事にやりがいや誇りを感じることができれば、仕事としてだけではない何かを得られることでしょう。教職にある人は、その仕事を通して、生涯学習の機会が与えられますので、やる気や向上心のある人には適している環境だと思います。

大学教員から、予備校講師、専門学校の講師まで立場や指導内容は色々です。しかし、それぞれの環境のなかで、できることをしっかりして、医療関係、学術機関で活躍、学生を陰ながら支えることが一つのかけがえのないやりがい、生き甲斐になっている先生も多いことでしょう。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.