看護師の講師の給料は?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師の講師の給料は?

看護師の講師の給料は?

これから看護師になる人、現場で働く看護師を育成する看護師講師は、とても重要な仕事である一方、現場で働く看護師よりも、お給料は安めの傾向があります。その理由としては、現場では命をあずかる仕事をするのに比べ、講師は授業をしたり、実習の指導をしたりという補佐的、指導的な役割に過ぎないからです。

たしかに臨床経験をしたことがある講師の皆さんですから、有効なアドバイスができたり、現実的に活用できる知識量は豊富です。しかし、看護師から講師になる場合は、年収アップ目的という意味では、必ずしもその希望を叶えることはできません。でも、他の仕事と比べて、専門職である点、なによりも看護師資格と臨床経験が必要である点で、時給レベルでは悪くない仕事といえると思います。経験を積めば積むほど、お給料はアップするでしょう。

ただ、専門学校などの看護師講師が不足していることが多い上、私立の学校などでは、悪くない条件で働けることもあり、タイミングよく仕事を見つけ、応募すれは好条件雇用も可能ですし、行動力やチャンスを逃さないようにする努力が必要となります。

それぞれの案件について、応募資格や就業条件、お給料などは違ってきます。給料のレンジとしては、月収だいたい15万から35万くらいと幅があります。その就業先が、公立学校、私立学校かにも依りますし、福利厚生や働き方のスタイルによっても違います。

講師としてのレベルや職種、働き方にしても、専任教員、それから臨地実習指導教員、非常勤講師など色々あります。看護師資格と、看護師としての臨床経験があり、就業先にこだわることがなければ、講師の仕事を見つけることができます。その上、看護教員養成講習会履修した人は、手当が出るところもあります。学歴や、講習受講の有無によって、お給料がアップしたり、資格手当が出る場合も考えて、やるべき用意はしっかりしておいたほうがいいでしょう。

比較的大学よりは、専門学校のほうが、多くの求人がありますし、求人条件も緩い場合がほとんどですので、最初に看護師教員になる場合は、臨床経験などを重視するような場所から始めて、講師の経験を積んでいったほうがいいでしょう。

また、パートやアルバイトで講師をこなす場合も、時給だいたい2000円程度での就業が可能ですから、他の仕事に比べたら、専門職としてよいお給料を得ることができます。時給や、月収、年収レベル、または福利厚生などを含めて、看護師講師の仕事を探すことができる、看護師専門の転職サイトもありますので、多くの求人案件を比較検討して、ぴったりの案件をみつけてみてはいかがでしょうか。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.