看護師が講師になるには?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師が講師になるには?

看護師が講師になるには?

看護師講師になるには、一般に、看護大学などで教える講師、専門学校で教える講師、また予備校などで教える講師があります。それぞれによって求められる講師のレベルが違っていたりします。基本的に、看護大学の講師ですと、看護師資格を持ち、学士、できれば修士の資格と、教育関係の単位を4単位以上取得している、または看護教員養成講習を修了している、その上、臨床経験が5年くらいあれば、看護師講師の実務経験がなくても大丈夫です。

臨地実習指導教員であれば、看護師資格をもっていて、臨床経験が3年から5年くらいあれば、応募は可能な案件も多いです。この場合は、専門学校での募集が多いですが、学歴などをあまり気にしないで転職が可能なので、看護師経験者としてはこちらのほうが敷居が低いです。学術知識よりも、臨床経験を重視する場合は、専門学校卒でも准看護師でも実習指導講師になることは可能だと思います。

実際、「看護師学校養成所における看護教員に関する規定」を調べてみると、専任教員及び教務主任になるには、保健師、助産師、および看護師として専門領域のうち、一つの業務に3年以上従事して、大学において教育に関する授業、4単位以上を受けていれば、専任教員になることができます。

または、保険師、助産師、または看護師として5年以上業務に従事した人か、専任教員として必要な研修、例えば、厚生労働省の看護研修研究センターの看護教員養成過程、もしくは、厚生労働省が認定した、看護教員養成講習会、国立保険医療科学院の専攻過程及び、専門過程地域保健福祉分野研修を受けた人や、看護師の教育に対し、これと同等以上の学識経験を有すると認められる人なら大丈夫です。

専任教員は、看護師養成所にあっては、専門領域ごとに、また准看護師養成所にあっては、専門科目ごとに配置し、学生の指導に支障を来さないようにすることなどが定められています。各大学や看護学校によって、その条件は異なりますし、学歴重視だったり、臨床経験重視だったりとその学校のカラーが表れる事になります。

予備校講師、とくに大学受験講座の講師の場合は、専門分野があれば、それを活かして活躍できる場合があるので、必ずしも看護師免許は必要ありませんが、看護師資格を目指す資格専門予備校ですと、専門分野があり、正看護師、もしくは准看護師の資格を持っているほうが確実だと思います。

看護講師の経験があると、それだけで、転職が有利になる場合がありますので、まずは募集があったら、応募してみて、チャンスを捉えることができたら講師としての経験を実務で経験することもできると思います。また多少臨床経験が足らなくても、交渉や面接次第で入れる学校もありますので、まずは行動を起こしてみることが大事だと思います。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.