看護師の講師の仕事内容は?

看護師講師求人TOP >> FAQ >> 看護師の講師の仕事内容は?

看護師の講師の仕事内容は?

看護師の講師の仕事は、大学の教員、講師と、短大、専門学校の講師、それから予備校などの講師の仕事が考えられますが、それぞれの職場、学術機関で必要な学歴や資格が違うので、自分がどの教育機関で教員、講師として働くのかを決め、そして下調べをしっかりしておきましょう。

看護師講師の仕事内容は、大学、看護師学校の授業を受け持ったり、臨地実習の付き添いをしたり、指導をしたり、実習内容を記録したり、生徒の相談にのったりというような内容ですが、経験が豊富なほど、有意義な授業、実習の監督をすることができるでしょう。それぞれの持っている資格を活かしたり、研修を受けること、臨床経験によってより広範囲の部分を受け持つことができるので、それぞれの募集要項をよく読んで、それにあった資格や経験を積極的に積んで、募集の仕事内容をこなせる実力を蓄えておきましょう。

学校の講義、授業を受け持ったり、生徒の質問に答えたり、実習について行ったり、学校の行事に参加したり、それぞれの講師の仕事内容は異なります。学校も小規模でアットホームな感じの専門学校から、マンモス学校、それから看護師の資格を取得するための資格予備校、高校生のための看護大学受験予備校まで多種多様です。

それぞれの学校や塾で指導の仕方や、講師に必要とされるタイプというのは違います。その上、公立学校、私立学校でもその基盤の違いから、仕事の範囲が大幅に異なります。当然、正職員、正社員、つまり常勤と非常勤、パート、アルバイト講師もいますが、契約で給与などはそれぞれ異なっており、自由に働き方を選べる反面、非常勤から常勤になることは難しいとされ、もし講師を本業として考えるのなら、最初から常勤のポストを狙ったほうがいいでしょう。

また看護関係の講習を受けると、就業に有利になることがあります。とくに厚生労働省の看護教員養成講習会履修を修了した場合は、就職に有利になる場合もあります。その上、臨地実習指導者講習会などの講習を受けていると、転職時に考慮される事も多いです。

もちろん、講師としての経験があれば、即戦力として働きだすことができますので、募集側としてもありがたいのですが、未経験でも応募できる専門学校も多いので、まずは看護師資格と、3年から5年くらいの臨床経験があれば、まず講師になることは可能だと思います。

仕事内容としては、事前の確認をしましょう。その学校の規模や就業規則によって、働きやすい職場、自分にあった所を探してみましょう。小規模でアットホームな学校、また大きくて、人間関係がドライな分、気楽に勤められる面が魅力など、それぞれの教育機関では特徴があるので、ぜひ色々な部分を考慮して、また色々な案件に当って、適職を探してみてください。転職サイト利用もおすすめです。

講師の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師<講師>求人ナビ All Rights Reserved.